株式会社アラジン

電源が急に落ちる

お問い合わせはこちら

モバイル修理

モバイル修理

電源が急に落ちる理由

こんにちはモバイルstaff🍊です★暑いですねー・・・今コロナはもちろん、夏風邪も流行っているみたいですね(´;ω;`)ウゥゥ皆さんも体調には充分きをつけて夏を乗り越えましょう(。◕ˇдˇ​◕。)/

本日、急に電源が落ちたので修理してほしいとの事でお客様が来店されました★
iPhoneの電源が落ちる原因は様々ですが、中でも多い原因としてはバッテリーの劣化が挙げられます。
バッテリーが極端に劣化しまった結果、起動を維持するための電源容量が不足しiPhoneが落ちてしまうのです。
設定から確認できるバッテリー容量が70%を切ったあたりでこの現象が起き始める事があるそう・・・
Appleでバッテリー交換を推奨させていただいているのが80%です。一概に絶対に変えてくださいとは言い切れませんが、このような症状がでる前に変えておいた方がいいかもしれないですね★

解消方法としていくつかあげます。
1.強制再起動
使用中に突然電源が落ちた原因が不明な時には試してみましょう★
2.最新のiosへアップデート
最新にアップデートすることでトラブルが解消されることがあります。
3.iPhoneのバッテリーのリフレッシュ
内蔵バッテリーの劣化が原因で電源が落ちている場合、電池残量を誤表示している可能性があり、リフレッシュを試すことでトラブルが解消される可能性があります。あくまで誤表示を正常な状態に戻すためのものであり、バッテリーの劣化を改善させるものではありません。
リフレッシュ方法:①電池残量が0になるまで使い切る②自動的に電源が落ちる③三時間以上放置④充電器に接続してフル充電⑤バッテリーリフレッシュ完了(三時間以上放置する目的としては、内蔵バッテリーを完全に放電させることです)
4.使っていないアプリは削除
保存されたファイルやデータを減らす事でメモリ容量に余裕を持たせられます。バックグラウンドで起動中のアプリが複数ある場合は使用方法を見直すといいでしょう。その都度終了させる習慣をつけると、メモリ容量の負荷の軽減につながります。
5.iPhoneの使用環境の改善
例えば、直射日光に当たる場所や真夏で高温になった車内に携帯を放置しないなど、端末が発熱しやすい環境で使用しないのが望ましいです。iPhoneはジョン度変化に弱いので熱くなったからといって冷蔵庫。という考えは危険です。内部に結露が起きてしまう可能性があり、結果水没。ということもあります。
6.iPhoneの初期化
さまざまな方法を試しても解消しない場合、初期化をするのも一つの手段です。

今回ご来店いただいたお客様は完全にブラックアウトしている状態で来店されて、充電反応もなかったので、代行修理も勧めさせていただきましたが、1週間程度かかることに悩まれていて、可能性があるならバッテリー交換してくださいとのことで施工させていただくことになりましたが、バッテリー交換では直りませんでした。そうなると端末に何かしらの問題がありそうなので、基板は当店では施工できないのでデータ抽出目的の代行修理をさせていただく事となりました。直るといいですね(´;ω;`)ウゥゥ
基本的に代行修理はデータ抽出が目的となります。バックアップを取られている方には必要ないですね(*^-^*)電源がついてもどってきても、基板を触っているのでいつ症状再発するかわかりません。お使いいただいてもいいのですが定期的にバックアップをしていただき、早めの機種変更をオススメ致します(^^)/

iPhoneでお困りごとなどございましたらアラジンモバイルまでお気軽にお越しください★

アラジンモバイル Twitterタイムライン

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。