株式会社アラジン

有機ELディスプレイ

お問い合わせはこちら

有機ELと液晶パネルの違い

モバイル修理

こんにちは★モバイルstaff🍊です☆

本日は当店で取り扱っている有機ELディスプレイについてお話させていただきたいと思います☆

皆さんがお使いの携帯の画面の種類ってご存知でしょうか(・・?

液晶でしょ(・・?とお思いの方が多いと思いますが、ひとえに液晶のみというわけではなく、2017年発売端末以降の機種は液晶と有機ELの二種類の画面が採用されています。そもそも有機ELって何?って話ですよね★この液晶と有機ELは仕組みも違う全く別物なんです★

構造上の違い

有機EL( ^ω^)・・・画素そのものが発光し、その強弱で色の強さを変え画面が表示されるシンプルな一層構造★

液晶( ^ω^)・・・液晶パネルは一番下にバックパネルと呼ばれるパネルがあり、偏光板という部分でバックライトの光を調節して、その上に液晶、その上に色を表現するためのフィルターがあるという三層構造★液晶パネルは複雑ですね!

特徴

有機EL( ^ω^)・・・最大の特徴は画面が高精細で綺麗なところです。その違いが一番わかりやすいのが写真などで、特に黒の表示において液晶パネルと比べた時に差が出ます。ディスプレイも薄く、応答速度が速いのも特徴の一つ。タッチ感度が高い為ストレスなく使用する事ができます★

暗色表現の発光が最小限になる為消費電力が大幅に節約されます。『曲げられる』という特性があり、近年ではこれを利用した側面湾曲ディスプレイや折り畳み式スマートフォンの実用化されていますね。

液晶( ^ω^)・・・液晶は有機ELに比べ低コストで製造可能なため、低価格で購入しやすいモデルが多いです。構造上、バックライトが必要なためどうしても厚みがでてしまいます。分厚い感じがお好きな方にはメリットとなりますが、iPhoneは薄い方がいい!という方にはデメリットとなりますね…点灯時は常に後ろからライトで照らしているため黒や暗色の表現に白みがかかってしまうのも特徴です。

まとめ

液晶パネル

★安値で生産できることから液晶画面搭載モデルはお手頃

★有機ELに比べて長寿命

★画面の焼き付きがおこりにくく、長時間同じ画面を表示しても問題ない

☆コントラストが低く、特に黒の表現に弱い

☆バックライトが必要なためその分、厚みと重みがある

有機EL

★液晶と比較すると高コントラストで、特に黒の表現が綺麗

★応答速度が速く、ノンストレスで使用可能。ゲームアプリなどでも有利

★黒の表示に電力を使用しないので設定次第で省電力で使用可能

☆液晶よりはどうしても高価になる

☆同じ画面を表示し続けると焼き付きが起きる可能性がある

 

当店では有機ELを採用しており、純正品によりちかく、高品質な品を取り扱っております。

iPhone修理でお困りごと、ご相談などございましたらアラジンモバイルまでお気軽にお越しくださいね🍊

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。